1. トップ
  2. ドアや窓に対する防犯講座
 

ガラス割り侵入の防犯対策として
侵入方法で最も多いのは「ガラス割り」です。
窓ガラスの鍵の部分を割って外から鍵を開けて侵入します。
対策としては、
    1.補助錠を設置
    2.ガラスを割れにくくするフィルム設置
です。
玄関ドアの防犯対策として
玄関ドアの侵入方法はサムターン開錠が多いようです。
サムターンとは室内側から施錠する際にロックするつまみです。
何故、内側のレバーが外の泥棒から開けられるのかというと玄関ドアにあるドアスコープ(覗き窓)を工具で外してそこから特殊な道具を入れてサムターンを開錠します。
ドアに直接、穴を開けられることもあるようです。
帰宅したら何故かドアスコープ(覗き窓)が外れていた・・・
などがあるとこの方法で侵入されている可能性があります。